プロぺシアとは?

主成分フィナステリドを含む日本で唯一のAGAの経口薬がプロぺシア

プロぺシアは開発当初、前立腺肥大の治療薬でしたが、AGA改善がみられたことからAGA治療の経口薬となりました。

2005年に日本でも厚生労働省に承認され、万有製薬から発売されました。

フィナステリドは効果があらわれやすく、3年間の服用実験では9割の人にAGAの進行がストップする効果がありました。

女性には投与できないとのことです。

性欲減退、勃起機能不全、肝機能障害、食欲不振、胃部のむかつきなどの副作用が報告されています。

タグ :

関連記事

  1. ミノキシジルとは?
  2. どうしてAGAになるの?
  3. 薄毛治療の有効成分
記事一覧